【アファ名刺屋の名刺通信 Vol.6~8】名刺は「縦」?「横」?どっちが良いの?

「アファ名刺屋」の名刺屋通信。アファ名刺屋として、イラストレーターとして、プチ知識や雑学などお届けします。 名刺についてやアファメーションについて☆
「アファ名刺屋」の名刺屋通信。アファ名刺屋として、イラストレーターとして、プチ知識や雑学などお届けします。 名刺についてやアファメーションについて☆

こんばんは☆「アファメーション+名刺=アファ名刺屋」天野さちえです(*’▽’)

Facebookのコメント欄にてご質問いただいた「名刺は縦か?横か?」についてお届けした、vol.6~8をまとめました☆

「名刺は縦か?横か?」
結論から言ってしまうと…
✨それぞれメリットがあります!どちらでもOK!✨

良い機会なので、独自調査により判明した、どちらが主流なのか、の結果を交えて、詳しくお話します☆

スポンサーリンク

今の主流は「横型の名刺」!

名刺を作る時に悩む点の一つ。
「縦か?」「横か?」

これは、「圧倒的に横型が多い!」です!
名刺は縦か?横か?今は圧倒的に「横型が多い!!」
名刺は縦か?横か?今は圧倒的に「横型が多い!!」

私が頂いた名刺は、どちらが多いのか?

私も、名刺交換させていただく機会がちょこちょこあります。

現在、私の名刺フォルダーには69枚✨
その内、横型は57枚!
縦型は12枚しかありませんでした!

改めて数えてみて、ビックリ!こんなに差があるんですね☆

名刺業者さん10社を独自調査!

オンラインで名刺デザイン&印刷ができるサービスサイト。
「名刺 デザイン」で検索、上位10社の業者さんを調べてみました☆

各名刺サービスのトップページのサンプルは、圧倒的に横型が多いです☆
縦型はあっても半数だったり、横型が前面に出ていたり。
この点だけでも、メインが横型だと分かりますね(*’▽’)

名刺業者さんが提供しているテンプレートの縦型と横型の数は?

独自調査したところ、テンプレートもやっぱり圧倒的に横型が多かったです!
※調査結果は、2017年12月20日時点の物です※

A社
名刺デザイン82件中 縦型は28件
B社
名刺デザイン1,757件中 縦型は702件
C社
名刺デザイン682件中 縦型は189件
D社
名刺デザイン5352件中 縦型は2239件
E社
名刺デザイン357件中 縦型は66件
F社
名刺デザイン324件中 縦型は84件
G社
名刺デザイン36件中 縦型は35件
H社
名刺デザイン231件中 縦型は16件
I社
名刺デザイン401件中 縦型は179件
J社
名刺デザイン262件中 縦型は0件

具体的な数字にすると明白ですね~圧倒的です☆
J者に至っては、縦型がなかったくらい☆

「アファ名刺屋」天野さちえの名刺が「縦型」の理由

「横型」が主流の今、私の名刺が「縦型」なのはなぜか?

実は、私は「名刺の横か、縦か」に、あまり拘りがありません☆
前述したように、イラストをベースにした名刺を制作していますので、「イラストが活きるのは縦か?横か?」が判断基準となっています。

私のアファ名刺で試してみました(*’▽’)
「名刺は縦か?横か?」同じデザインで縦と横を比べてみました☆
「名刺は縦か?横か?」同じデザインで縦と横を比べてみました☆

バランス的に、大きさや位置を変えるなどしましたが、基本的な内容は同じです。

縦は、人物の上下に余裕が出るため「伸び感」が生まれます😍
「この人物は、これから目標に向かって伸びていく!」と言う印象ですね(*・∀・)

横は、人物の上下に余裕がないため「窮屈感」が出てしまいます😓
足元まで、そして火星も描く必要があるため、このイラストはどうしても「縦長」になります。

フカンで描く、と言う手もあるのですが、名刺の目的の一つは「ご挨拶☆」
大切な方との名刺交換ですから、やはり「正面から向き合う人物」がベストです(*’▽’)

因みに、「アファ名刺屋」では、ご依頼くださったお客様のご要望が「横型」でも、「ご要望いただいているイラストが活きるのは、確実に縦型だな」、と判断した場合、横型と縦型の両方のラフや下描きをご提示させていただき、お客様に選んでいただいております☆

なぜ今は「横型の名刺」が多いのか?

調べたら面白かったので、少しだけ、歴史を振り返ってみましょう☆

名刺の歴史を少しだけ振り返ってみる

「名刺」についての最古の文献は、唐の時代の中国の物だそうです。
当時は木や竹の札に、名前を手書きしたもの☆
訪問先が不在の時の不在票のように使用されていたそうですよ☆
そして、「名刺」の名前の由来は、戸口にさした札を「刺」と呼んでいたからだそうです。興味深い(*’▽’)

18世紀ごろにはヨーロッパに広がり、日本で使用され始めたのは江戸時代。
使われ方はやはり不在票として。
和紙に墨で名前を書いていたそうです。

そして、今の「連絡先の交換とご挨拶」に近い目的の名刺が、日本で使用され始めたのは、明治初期だそうです☆
当時は「家紋+名前」の、とてもシンプルな名刺だったそうです。

現代では、日本の名刺の消費量は、諸外国に比べると高いそうです。
ビジネス用だけではなく、プライベート用も持っている方もいらっしゃいますよね☆

シンプルな名刺から「デザイン」と言われる名刺への変化

どんな文化でも時代と共に発展し、時代に合わせて変化していきます☆
「名刺」も同じです☆

「ビジネスカード」としての名刺は、最初は「シンプルな縦書きで、連絡先と名前だけ」が多かったそうです。
今となっては、何だかクラシカルな印象を受けますね☆

今は、連絡先や名前、社名だけではなく、ロゴや顔写真、イラストなどを使用し、「手間暇をかけデザインされた著作物」と言って良いですね☆

「人より少しでも目立ちたい」という願望。
「ビジネス目的としてのオフィシャルなイメージを保ちたい」といった認識。

その狭間で試行錯誤をし続け、今の「名刺のイメージ」が出来上がってきたと言えると思います(*’▽’)
働き方や、働くことへの認識の変化も加わっていると思います☆

それまでの常識である「縦型」では表現できなかったデザインを活かすため、「✨横型にしてみよう!✨」と決意したファーストペンギンさんは、一体誰だったんでしょう?
文献などに載っていることではないので不明ですが、当時はきっと、画期的な発想として、とても目立ったと予測できますね☆

「縦型」から「横型」への変化は「連絡先の多様化」も関係している!

「デザイン」の視点から見ると「✨今までと違う物を!✨」という需要から「縦型」→「横型」の変化が起こったと言えます。

ですが、その視点だけだと「圧倒的に横が多い!」とまではなりませんよね☆

名刺の無料テンプレート提供サービスをしている業者さんのサイトを見ても、デザインの素晴らしさは、縦か横かで変わる物ではありません。

では、なぜ「圧倒的な数!」とまで「横型の名刺が多い」のか?

それは「連絡先の多様化」が一番の要因ですね☆

住所が長くなれば、二行に分けて記述することができます☆

ですが、メールアドレスやURLが長い場合は?

二行に分けてしまうのは、入力ミスの元になってしまいますよね(´;ω;`)

特に独自ドメインのメールアドレスやURLであれば短く済ませることもできますが…
問題は、SNSのアカウントアドレスを載せたい場合!
…長いですよね😌

QRコードにする方法もありますが、先日お伝えしたとおり、QRコードを印刷物に使う場合、「1.5センチ~2センチ」が安定して読み込めるサイズです。

情報をギュッと詰め込めるQRコード。とっても便利!でも、もしかしたら無駄になっているかも…?読み込めないQRコードがあるって知っていましたか?

名刺のサイズは「9.1センチ×5.5センチ」
その中の「4平方センチメートル」ですから…結構大きいですよね(´・ω・`)

長いメールアドレスやURLを載せたい場合、縦型だと、文字を縮小したり、文字詰めをして収める必要があります。
読みづらくなったり、窮屈な印象になったり…

デザインする上では「長い連絡先を縦型にキレイに収める」には、少し問題があるんですね☆

ですので、連絡先の多様化、つまりはメールアドレスやURLを名刺に載せる必要性が出てきて、自然と「名刺は横型が圧倒的に多い!」という現状になったわけです☆

名刺の「縦型」「横型」 それぞれのメリットとデメリット

「アファ名刺屋」として、「縦型」「横型」それぞれのメリットとデメリットを考察してみました(*’▽’)

名刺の「縦型」のメリット

「縦型の名刺」のメリット
「縦型の名刺」のメリット

メリット.1 「圧倒的に横型が多い」現状だから「目立てる」

主流と外れるからこそ、初対面のご挨拶で「あ、縦型の名刺だ!」と印象が一つ分強くなります☆
縦にするだけで印象が強くなるんですから、コスパサイコー☆ですね✨

メリット.2 スタイリッシュな印象を与えられる

「横」よりも、「縦」の方が「シュッ」とした印象になります☆
これは、ストライプ柄の服の「ストライプが縦か、横か?」で考えると分かりやすいです。
「ストライプ柄が横」だとふくよかに見え、「ストライプ柄が縦」だと、ほっそりして見えます。理屈としては、とても似ていますね☆

メリット.3 ご年配の方々に受け入れられやすい

前述したように、名刺は、以前は「縦型が主流」でした。
つまりは、「縦型が主流だった時代」を良くご存じのご年配の方々にとって、「縦型の名刺」はなじみがあり、お渡しした時に「安心感」を持っていただけると言えると思います☆

メリット.4 文字を縦書きにして、クラシカルな印象を出せる

横型の名刺に対して、縦型は、文字を縦書きにしやすいです☆
クラシカルで和の雰囲気を出しやすいですので、日本の古物を多く扱う方や、和装でブランディングされている方、老舗のお店など、あえて「縦型+縦書き」にすると、印象深いご挨拶になると思います(*’▽’)

メリット.5 「縦長」のイラストが活きる

前述したように、イラストの構図次第では、人物の上下に余裕が生まれます。
「余裕を十分に取る」ことはそのまま「余裕」や、「品」「高級感」の演出にも向いています☆

名刺の「縦型」のデメリット

「縦型の名刺」デメリット
「縦型の名刺」デメリット

デメリット.1 「主流」から外れていて違和感を与えてしまう

沢山の名刺の中にポツンと「縦型の」名刺。目立ちますし、印象深くなります☆
ですが、人によっては「悪目立ちしている」と捉えられる可能性もあります。

デメリット.2 名刺フォルダーに収めた時に見づらい

「横型が主流」ですので、名刺フォルダーには当然「横型の名刺がずらっと並ぶ」ことになります。
そこに、縦型の名刺を収めると?
縦型の名刺の連絡先を読むために、名刺フォルダーを回転させる必要が出てしまいます。

名刺の「横型」のメリット

「横型の名刺」メリット
「横型の名刺」メリット

メリット.1 長い連絡先の収まりが良い

前述したように、長くなりやすいメールアドレスやURLの場合、縦型だとデザインする際、どうしても窮屈になったり、文字が小さくなり読みづらくなってしまいます。
横型だと、その点、デザインがしやすいですね☆

メリット.2 デザインの幅が広い

「縦型と比べて」ですが、デザインの幅は「横型」の方が広いです☆
特にQRコードを載せたい場合、ブロックに分けて配置がしやすい横型の方が、デザインがしやすいですね(*’▽’)

メリット.3 安定感や親近感がある

「縦型と比べて」ですが、どこか親近感を感じさせますね😃
前述した「縦型の名刺のメリット.2 スタイリッシュな印象を与えられる」の裏返しでしょうか☆
そして横に余裕があるので、安定感もあります。

メリット.4 名刺フォルダーに収めた際に見やすい

「横型の名刺」が主流ですから、フォルダーに並べた際に、縦型と違ってフォルダーを回転する必要がなく、読みやすくなります。

名刺の「横型」のデメリット 「デザインによる個性」を出さないと埋もれやすい

「横型の名刺」のデメリット
「横型の名刺」のデメリット

「横型が主流」ですから、どうしても埋もれてしまう可能性は強くなりますね😓
印象を強くしたい場合、純粋に「内容」で印象を変える必要があります。
名刺は「縦型」か?「横型」か?まとめ
  • それぞれのメリットとデメリットがある
  • 今の主流は「圧倒的に横型」
  • 縦か横かで、デザインが活きるかどうかが決まることもある
  • 縦型は、目立ちやすいため印象を強くしてくれる
  • 横型は、長い連絡先が治まりやすい

今回、掘り下げてみて、とても勉強になりました☆
Facebookコメント欄にてご質問くださった✨✨✨板橋よしえさん✨✨✨に感謝です☆ありがとうございます☆

*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,*☆*。,。*☆*。,。*☆*

P.S.
皆さま、名刺やイラストについてお聞きになりたいことがあったら、リクエストしてくださいね☆

*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,。*☆*。,*☆*。,。*☆*。,。*☆*

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

「あなたのなりたい未来」を名刺にします!「アファ名刺屋」